Let's have some fun!
メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
twitter
    

予定表 -詳細情報-

件名 高畑康子先生の料理教室「健康な毎日を送る親子のための野菜料理 ~ 和食は素晴らしい」
開始日時 2017年 8月 5日 (土曜日)   14時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2017年 8月 5日 (土曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅そばの会場
連絡先 kdm.mamoru.event@gmail.com
詳細

高畑康子先生の料理教室「健康な毎日を送る親子のための野菜料理 ~ 和食は素晴らしい」の詳細が決まりました。

以下のように開催いたします。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日時  :  平成29年8月5日(土) 14時~17時

会場  :  都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅そばの会場
        お申し込みの方にお伝えいたします。

講師  :  高畑康子

参加費 :  3,000円

お申込み:  kdm.mamoru.event@gmail.com

詳細  :  http://bit.ly/takahatacook

チラシの画像pdfはこちらにあります。拡散のほど、よろしくお願いいたします。


平成6年に高畑先生が福原洋子先生と一緒に出版した『健康自然食料理 主食・穀物/副食』(ペガサス刊)に高畑先生はこのように書いています。

健康は万人の願いです。とはいえ、健康の原理を知り、それを正しく実践している人は意外に少ないものです。

私はこの三十年間、食の欧米化イコール“進歩的”、“文化的”という風潮の中で、「伝統料理を見直しましょう」、「穀物をもっと多くとりましょう」と呼びかけながら、大勢の仲間とともに食事改善運動にたずさわってきました。その過程において、欧米型の“栄養たっぷり”の食事をとっている人は慢性病にかかりやすく、穀・菜食型の伝統的食事をとっている人は健康で、はつらつとしているのを我が目で確かめ、意を強くしております。

健康を培うには、何よりも食事が肝心です。そして、食事のよし悪しは主食によって決まるといっても過言ではありません。現代栄養学は主食の意義を理解していませんから、主食を減らして副食を多くとれと教えますが、副食の多い(もしくは主食のない))食事は、必然的に動物性食品が多くなりますから健康を害します。

正しい食事の基本は、主食できっちりと栄養をとることです。そのためには、なるべく未精白の穀物を選ばなければなりません。私はできるだけ多くの方々に、おいしくて栄養があり、手がるにつくれる主食や穀物の料理を知っていただき、健康づくりに役立てていただきたいとの願いをこめて、本書のメニューを考えました。

主食が決まれば副食は文字通り副えものですから、季節の野菜や海藻、豆類、小魚介類にみそ、しょうゆ、納豆、漬けものなどの発酵食品を取り合わせればよいのです。

当然のことながら、健康によい食事は美容にもすぐれた効果があります。ぜひ実践していただきたいと思います。

このような考えに基づいての料理教室です。基本は親子で参加していただくように考えていますけど、個人でのご参加も受け付けています。日本の伝統的な食を一緒に思い出していきましょう。
カテゴリー
投稿者 TsunabuchiYoji
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2017年 7月 21日 (金曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。